アルファンケア 文字の大きさ
住宅改修とはなんですか?
住宅改修とは、利用者の住宅の廊下や階段に手すりを付けたり、玄関の段差解消などを行い、生活動作の自立や安全性の確保を目的として行う住宅の改修工事のことです。詳しくは、住宅改修のページをご覧ください。
介護保険を利用して住宅改修はできますか?
はい、できます。
介護保険の被保険者で、要介護、要支援認定を受けた方が対象となります。原則として被保険者一人20万円を使い切れば終わりですが、転居した場合や要介護が3段階以上あがった場合は、例外的に再度20万円まで住宅改修費が支給される事があります。詳しくは住宅改修のページをご覧ください。
どんな工事が介護保険を使って住宅改修できるの?
●手すりの取付 ●段差解消 ●床材の変更 ●引戸等への扉の取替 ●洋式便座等への取替 ●その他付帯工事 が可能となっています。詳細については弊社もしくはお近くの介護保険課へお問い合わせください。
介護保険で対象となっている住宅改修は、どこまでの範囲で工事が可能ですか?
住宅改修の対象となっている範囲は、次の通りです。
1.手すりの取り付け
廊下、便所、浴室、玄関、玄関から道路までの通路等に転倒予防若しくは移動又は移乗動作に資することを目的として設置するものです。
2.段差の解消
居室、廊下、便所、浴室、玄関等の各室間の床の段差及び玄関から道路までの通路等の段差を解消するための住宅改修をいい、具体的には、敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、浴室の床のかさ上げ等が想定されるものです。
3.滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
居室においては畳敷から板製床材、ビニール系床材等への変更、浴室においては床材の滑りにくいものへの変更、通路面においては滑りにくい舗装材への変更等が想定されるものです。
4.引き戸等への扉の取替え
開き戸を引き戸、折戸、アコーディオンカーテン等に取り替えるといった扉全体の取替えのほか、ドアノブの変更、戸車の設置等も含まれます。
5.洋式便器等への便器の取替え
和式便器を洋式便器に取り替える場合が一般的に想定されます。また、和式便器から、暖房便座、洗浄機能等が付加されている洋式便器への取替えは含まれますが、既に洋式便器である場合のこれらの機能等の付加は含まれません。
6.その他1〜5の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修
@ 手すりの取付けのための壁の下地補強
A 浴室の床の段差解消に伴う給排水設備工事
B 床材の変更のための下地の補修や根太の補強、 又は通路面の材料の変更のための路盤の整備
C 扉の取替えに伴う壁又は柱の改修工事
D 便座の取替えに伴う給排水設備工事、便座の取替えに伴う床材の変更
家に手すりをつけたいけど、どこまでしてもらえるの?
介護保険の対象となる住宅改修費の支給にあたります 支給条件は‥心身の状態や住宅の状況などから必要な改修であること 要介護・要支援者が居住する(住民票のある)お住まいの改修であること。改修内容が介護保険支給対象の工事であること。 限度額として要支援・要介護度に関係なく、居住する住宅に対し、要介護・要支援者一人当たり20万円までです。 但し、原則としてかかった費用の8割〜9割が住宅改修費として支給され、1割〜2割は自己負担となりますので、最大18万円まで支給されます。詳しくは、お問い合わせください。
娘の家で生活することになったんだけど手すりがなくて・・・住宅改修は以前の住んでいた自宅の時に利用しているし・・新たに住宅改修することできるのかな?
住所地を変更していれば新たに介護保険を利用して住宅改修を行うことができます。
自宅で入浴をさせてあげたいんだけど段差があって難しい。支援1の時に手すりなんかをつけて20万の枠を使ってしまったんだけど?
介護度が3段階以上変更していれば新たに介護保険を利用して住宅改修を行うことができます。もしくは福祉用具購入として浴室すのこを設置し、段差を解消することも可能です。
住宅改修の手続きはどうすればいいの?
担当のケアマネージャーとご利用者様(ご家族)と調整の上、申請等の手続きをさせていただきます。ご利用者様(ご家族)からの手続きは必要ありません。
個人情報保護に関して
COPYRIGHT(C) 2009 IBIDEN INDUSTRIES CO.,LTD ALL RIGHTSRESERVED.